家庭におけるお手軽脱毛とその注意点

多くの家庭において「カミソリ」は風呂場に置いてあることが多いと思われる。用途としては夫が髭剃りに使う場合が多いかもしれないが、そのカミソリをちょっと拝借して妻の腕やひざ下のムダ毛処理なんかもお風呂で行えるので丁度いい。(ちなみに、夫にはもちろん無断での拝借である。絶対に「ちょっとムダ毛処理するからカミソリ借りるね」なんて言ってはならないのだ)まず、入浴して腕やひざ下など、脱毛したい部分にシェービング剤(なければ石鹸などでも)をつけ滑りを良くする。準備が出来たら力を入れすぎないよう、毛流れと逆にカミソリを滑らし剃る。同じ場所を何度もカミソリをあてないよう注意が必要だ。終わったらしっかりシェービング剤とともに剃ったムダ毛を洗い流したら、そのあとはもう剃った部分はゴシゴシと洗わないようにする。お風呂後は、カミソリで処理した部分は肌が荒れているので、保湿するなどケアが必須である。家庭用脱毛器は、洗面所や自室など、お風呂でなくとも脱毛できるのが便利である。脱毛したい部分の毛の長さを5ミリ位までに短めにカットしておくと痛みも軽減できる。ただし脱毛後の肌はやはり痛んでいるので、日焼けしないようにしたり、消毒や保湿が必要になってくる。

2014年2月17日

このページの先頭へ